「さすがダイソン様!」ドライヤー"supersonic ionic"の悪い評判もマルっと検証したけど、スタイリングが超簡単にキマる実力ドライヤーだったから感服。

変わった形のダイソンのドライヤー。

お値段49,500円ととても高価だけど・・・やっぱりダイソンだけに良いお品物なのかしら??と気になる・・・。

ということで、Dysonのドライヤー"supersonic ionic(スーパーソニック イオニック)"を使ってみたよー!

Dyson Supersonic Ionic(アイアン/フューシャ)ドライヤー

私が持っているドライヤーが、2019年9月に2色展開で発売された最新機種のうちの"アイアン/フューシャ"カラー。

もう1色は、この↓"ブラック/ニッケル"カラーで、美容家電には珍しいクールな配色が素敵。

このカラーは、男性へのプレゼントにもいいと思うよ!

簡単すぎ!乾かすだけで理想のヘアスタイルに仕上がる

ダイソンのドライヤーを使ったある日は・・・

ダイソンのドライヤーでサラサラ髪ができあがりました。

しかし、ダイソンのドライヤーを使った別の日は、

ダイソンのドライヤーでナチュラルウェーブヘアができあがりました。

1年半前にかけたパーマのウエーブがダイソンドライヤーで見事に復活

簡単スタイリングの秘密はコレ!4種類のアタッチメントだよ~

ストレートヘアもウェーブヘアも、お風呂上りにダイソンで髪を乾かすだけでできるんだよ。

ただ、なんで、ストレートヘアの日もあればウェーブヘアの日もあるの?って感じだよね。

実は、サラサラ髪は、この↓スムージングノズルでヘアドライして、パパっとできあがったの。

スムージングノズルを使うと、髪に風圧が集中してサロンでブラシをあてながらヘアドライしているのと同じ状態になるから、簡単に髪に艶が出て、サラサラ髪になるんだって。

ただ、ノズルを使うと速乾性は落ちるから、8割はノズル無しで乾かして、残り2割をスムージングノズルを使うのがベスト。

ほんでもって、ナチュラルウェーブヘアは、この↓ ディフューザーを使えばOK。

パーマ部分にこのディフューザーをあてるだけで、パーマがポワーンっと浮きあがってくるよー。

ディフューザーをあてて乾かす時は、髪の毛の間に指を通したりするのは、NG。

あくまでも、あてておくだけ、あてておくだけでOK!!

さらに、3つ目のノズルとして、前髪専用のスタイリングコンセントレーターもあるんだよ。

(私、前髪が無い・・・から、検証画像が無くてごめんなさい><)

で、快適なヘアドライのために2019年の新機種から加えられたのが、この↓"ジェントル"というノズル。

ジェントルをつけると、髪に届く風の温度が体感で約30℃ほど下がって、まろやかな風が髪に届くの。

ダイソンのドライヤーの口コミで、「風が強すぎる。」「熱すぎる。」「髪が絡まって困る。」っていうコメントちょこちょこ見かけるけど、このジェントルをつければ、風力も風音も心地よくなるからそんなお悩みは吹き飛ぶよ。

ちなみに、ノズルはマグネット式だから、楽々チェンジできるよ。

ダイソンのドライヤーまさかこんなにスタイリングに力を入れてると思ってなかったから、4種類のノズルで簡単に理想のスタイリングができるのは嬉しい誤算だったな。

圧倒的時短!!さすがドライヤー界最高峰の風量だね。

ところで、ダイソンのドライヤーといえば、やっぱり速乾力だよね??

ダイソンのドライヤーの風量は、ドライヤー界最高峰の2.4㎥/分。

これで、髪の毛が早く乾かないはずはないじゃないーい!!と叫びながら、この↓70cmのロングヘアを乾かしてみたよ。

結果、ダイソンのドライヤーで、 洗髪直後の約70cmの髪をなんと4分半で乾かせたー!!

これだけのロングヘアを5分以内に乾かせるなんて、ダイソンドライヤー、速乾の実力ありすぎっ。

(この時のドライヤーの設定は、3段階のうちの最大風量(温度約78℃)の設定で、ノズルは無し。)

ちなみに、ダイソンのドライヤーは、この↓羽根のマークが描かれているボタンで、風量を3段階に調節できちゃう。

最大風量時は風温約78℃、中風量時は風温約85℃、低風量時は風温約100℃。

設定する風量によって、風温の設定も自動で切り替わるよ。

ちょっと待って!ダイソンのドライヤー音は大きいわけじゃないんだよ。

そうそう。ダイソンのドライヤーの口コミで、ちょこちょこ「音がうるさい。」というレビューを見かけるよね

うーん。確かに、なんかキーンとした感じの音がするなぁ。

で、ダイソンのドライヤーの音量を計測してみたら、最大風量時の音量が105b(デシベル)だったから、他のメーカーの有名ドライヤーと比較してみた。

実は、ダイソンのドライヤーの音量、他のドライヤーの音量とさほど変わらない、いや、むしろ、ダイソンより音の大きなドライヤーめちゃくちゃあるよ!!

ただ、ダイソンのドライヤーは、モーターの回転周波数が多いからか、他のドライヤーの音と比べて、ドライヤーから聞こえる音が高いの。

このダイソン独特の高音域のドライヤー音は聞きなれないので、初めて使った時はうるさいと思うかも。

まぁ、でも、使っているうちに、ダイソンのドライヤー音に慣れてくるよ!

(しかも、不思議なことに、ダイソンのドライヤー音の音域は、人との会話の邪魔にならない周波数のようで、人と会話しながらドライヤーをかけることができちゃうよ。)

大丈夫!操作はすぐに慣れる!!

ダイソンのドライヤーって、こんな↓風にドライヤーの裏側に操作ボタンがあるのよね。

裏側に操作ボタンが付いているドライヤーなんて、ダイソンだけ。

だから、最初は違和感を感じると思うけど、2~3日もすればすっかり慣れるよ!

あと、風量3段階、それに加えて、風温も3段階(冷風入れると4段階)あるから、選択肢の多さに、最初は設定を迷うんだよね。

でも、そんな時は、コレ↓↓

コレを見ながらスタイリングするうちに、すぐに自分のベストモードが見つかるよ。

風量×風温の自分のベストモードが決まれば、毎日、自分の理想のスタイリングが簡単に手に入るから、ドライヤーが楽しみになるよ。

持ち運びとか携帯には不向きかも。

ダイソンのドライヤー、すっきりした形だけど、最長部分が約25cm、重さが約700gだから、持ち運ぶのには大きいね。

さらに、パーマ用のノズル(ディフューザー)は、手の平を広げたくらいの大きさあるし、コレも一緒に持ち運びたいとなるとさらに大変。

でも、実は、パーマを綺麗に出せるドライヤーで、コンパクトなドライヤーって、世の中的に無いんだよね。

だから、外出先でも普段通りのパーマヘアを維持したいなら、頑張ってダイソンのドライヤーを持ち運ぶしかないのだ。

ダイソンのドライヤーのスペック載せとくよ~

ダイソンのドライヤー、簡単にスタイリングもできるし、速乾性もあるし、実力充分なドライヤーだよね。

このダイソンのドライヤーのスペックを一覧表にしておくよー。

さらに、ダイソンのドライヤーの使用感をまとめてみた。

ダイソンのドライヤー、速乾性が◎で、理想のスタイリングを簡単がパパっとできるから、髪型変えても使えるし、髪の悩みや髪質の異なる人同士、例えば、恋人や家族間でもどんどん活用できるんだよねー。

ダイソンのドライヤー、長い目で見れば見るほどお得なドライヤーじゃない??

また、髪の清潔感は、美肌と並ぶキレイの要。

これからの人生、ずっと美髪をキープしたいっ!という方は、速乾なのに、どんな時も理想のスタイリングにできる実力がハンパないダイソンのドライヤーがいいと思う!

Dyson Supersonic Ionic(アイアン/フューシャ)ドライヤー

※※※

ダイソンのドライヤーは、確実な保証を受けるために、購入から30日以内に、公式HP又は付属のハガキでのユーザー登録が必須。

ご購入後は、忘れず登録してね。